TSUTSUMI
EMI
堤 絵美

運営本部 運営2部 ディレクター

2010年 中途入社

ポケモンをよく知らなかった私が、店長、マネージャー、そして今、7店舗を見るディレクターへ。

SECTION 01好奇心に素直に、臆せず進んでみよう。
飲食業からポケモンセンターへ転職。

札幌に初めてポケモンセンターができたときのことです。街に大きな賑わいが生まれ、お客様が店舗の周辺まで溢れている状況を目にしたことが、私がポケモンの影響力の大きさを実感したきっかけです。当時、ポケモンのことは正直あまりよく知らなかったのですが、あの店舗の外まで人が溢れている光景が忘れられず、働いていた札幌の飲食店から転職する決意をしました。無事入社し、サッポロ店での勤務をスタートしたのですが、最初はアルバイトスタッフたちが話しているポケモンの話題に全くついていけず、少し焦りを感じていました。しかし、ポケモンはどんどん魅力的なキャラクターが登場していくので、ファン歴の長い人たちだけの世界に固定化されないのが特徴です。アルバイトスタッフたちと話しながらポケモンのことを知っていくうちに、自然とポケモンの世界に感情移入していました。また、興味を持って臆せずに手を挙げれば、若いうちから大事な仕事を任せてもらえる環境が特徴的です。私も手を挙げ、入社からわずか2ヶ月ほどで、ファン層を広げるリゾートホテルでのイベント出店の運営を任せてもらい、それをやり抜いたことが大きな自信につながりました。もともとファンではなかった自分がポケモンを好きになっていったプロセスも、新しいファン層を迎える施策を考える上でとても役に立ったと感じます。そして店舗やスタッフに対しても貢献できるようになり、入社から2年ほどでサッポロ店の店長を任されていました。

SECTION 023つの店舗の店長を経験。
スカイツリータウン店では開業の店長も。

サッポロ店で店長を2年経験した後にはフクオカ店に異動となり、そこでも店長を務めました。そこには当然、自分の育った札幌とは違う文化があり、福岡の街の賑やかさ、人の活発さ、アルバイトスタッフの元気さなどに慣れるまでは戸惑いました。サッポロ店のやり方にばかりこだわっていてはいけない、フクオカ店のやり方でスタッフたちの能力を引き出し、店舗の魅力を高めていけばいいと気づいてから、ようやく店長らしく動いていけるようになりました。複数の店舗を経験することで、こんなにも自分の対応力の幅が広がり、精神的にも強くなれるとは思ってもみませんでした。そして福岡で2年勤務した後は、東京でスカイツリータウン店のオープニング店長を任されることに。立ち上げから店舗づくりを担うのは初めてのことだったので、ワクワク感と同時に少し不安もありました。開店数ヶ月前の何もないところから「スカイツリータウン店らしさとは何か?」を考え、100人近いアルバイトスタッフの採用面接をし、新店オープンにかける想いを伝えて共感してくれるメンバーを集めました。さらに札幌時代にアルバイトスタッフだったメンバーが、社員としてスカイツリータウン店に配属になる嬉しい再会もありました。そのときの仲間とみんなで店舗をつくっていくという経験は、私のキャリアの中でも思い出深い出来事です。

SECTION 033店舗を見るマネージャー、そして7店舗を見るディレクターへ。

その後に、スカイツリータウン店を含む関東の3店舗を見るマネージャーとなり、週の半分は六本木の本社で勤務するようになりました。それから1年ちょっとで7店舗を見るディレクターを任され、今では各店の店長と協働しながらポケモンブランドを高めるお店づくりに取り組んでいます。例えば、年間で最大の集客となる夏に向けて、店舗の入っている施設とも連携し、百貨店の入り口にピカチュウがたくさん並ぶようなディスプレイにしたり、オンラインでは体験できない、店舗だからこそのファンサービスになるイベントも店舗社員や六本木本社の各部署と連携して企画しています。やはり店舗がなければポケモンセンターは成り立ちませんし、ブランドを高めるのは一人ひとりの社員の力だと私は思っています。だからこそ、社員同士でもっとつながり、協働することで、もっと視野を拡げ、成長してほしい。そう考えて、7店の店長での近況報告ミーティングや食事会などを企画して、悩みや解決策を共有したり、店舗に勤務する社員に六本木本社のメンバーとのプロジェクトチームに加わってもらったりと、人の交流を促進することにも力を入れています。私が入社した頃と比べたら社員数は3〜4倍の人数になっているため、社員のつながりを意識的に生み出していくのもディレクターの仕事だと考えています。お客様満足(CS)と従業員満足(ES)の高いレベルでの両立をこれからもみんなで考え、追い求めていきます。

DAILY SCHEDULE

  • 出社

    六本木本社に出勤。メールチェック。

  • 社内打合せ

    様々な部署とのミーティング。

  • 昼食

    オフィスの近くでランチ。

  • 社内打合せ

    他のエリアを見ているマネージャーやディレクターとの情報共有。
    他部署とのミーティング。

  • 店舗打合せ

    店舗へ。店長とミーティングをして、お店の状況を把握。課題があれば施策を一緒に考える。

  • 店舗打合せ

    もう一ヶ所の店舗へ。店長とミーティング。
    アルバイトスタッフの声を聞いたりすることも。

  • 退社

    お店から直接、帰宅。

CAREER

  • 中途入社。サッポロ店に配属。

  • サッポロ店の店長に昇格。

  • フクオカ店の店長に。

  • スカイツリータウン店のオープニング店長に。7月開店。

  • スカイツリータウン店、ポケモンストア 東京駅店・御殿場店の3店舗をマネジメントするマネージャーとなる。

  • 旗艦店であるメガトウキョー店を含む、関東の7店舗をマネジメントするディレクターとなる。