NIRI
AKIRA
仁里 玲

運営本部 ポケモンセンターナゴヤ

2018年 新卒入社

小売でありエンターテインメント。
ポケモンという大きな輪の中で働いている幸せ。

SECTION 01商品の箱を開けるときにワクワクするのはどちらだろう。

就職活動のときに、実はもう一社、電子機器の小売業の会社と、株式会社ポケモンセンターで迷っていたんです。ポケモンセンターの社長面接のときに、そのことも正直にお伝えすると、「商品がお店に届いたとき、箱を開けてワクワクするのは自分にとってどちらかと考えて、決めてみてほしい」。そう社長が言ってくださいました。学生時代に京都のポケモンセンターで2年間、アルバイトスタッフをしていた自分にとって、箱を開けてポケモンのぬいぐるみや新しいカードが見えたときの盛り上がる気持ちが思い出されました。やはり自分がやりたいのはこっちだ、アルバイトスタッフをしているだけでは見えなかったビジネスの醍醐味をもっと経験してみようと、株式会社ポケモンセンターへの入社を決めました。そう決断してよかったと、今、思っています。小売業にエンターテインメントが融合した、このような会社は他にはありません。幅広い世代に受け入れられ、グローバルにも通用するポケモンというキャラクターを第一線で扱えるのはここだけです。店舗ではお客様の本当に嬉しそうな笑顔に出会えます。楽しそうにお帰りになるご家族の後ろ姿を見送りながら、いつもそう感じています。

SECTION 02大切なスタッフたちに、もっと力を発揮してもらうには。

入社後は、ポケモンセンターナゴヤ店に配属になりました。現在2年目ですが、アルバイトスタッフのときとはガラッと視点が変わっている自分がいます。特にスタッフ管理や教育を担当する立場となっている今は、お店全体に責任を持つ意識へと変わりました。与えられた仕事を精いっぱい自分でこなすだけの視点から、自分だけでなく周囲を見て、指示をしながらお店を回しています。お店の顔になるのはアルバイトスタッフたちです。彼らによりよい接客をしてもらうために、一緒にお店をつくっていくスタンスを大事にしています。そのためにアルバイトスタッフからの提案にもしっかりと耳を傾け、それを全員で実行していくことで、彼らにもお店づくりに貢献している気持ちが生まれます。それがナゴヤ店の良い雰囲気や接客にもつながっていると感じますし、結果的にお客様の笑顔のためにもなっていると感じます。また、アルバイトスタッフそれぞれの個性を理解しながら一人ひとり丁寧に向き合うことを意識しています。現在、ナゴヤ店ではアルバイトスタッフが約70人いるのですが、それぞれが性格も得意なことも違います。それぞれのスキルの習得段階を丁寧に把握しながら、どうすればさらに成長していけるか、こまめに相談にのりながら働きかけています。例えば、以前は内気で控えめだったアルバイトスタッフの相談に親身になって耳を傾けた結果、ミーティングで自ら提案するようになったり、前に立って後輩を指導するようになったことがありました。そんな彼らの成長が見えたときはとても嬉しくなります。

SECTION 03店長を目指して、今は足元の土台づくり。

私自身、これまでポケモンセンターの社員として働く中で、多様なスキルや経験を得られたと感じています。1年目は店舗内のイベント担当として、イベントの企画や運営マニュアルの作成、当日の運営を経験してきました。ポケモンカードの発売日に想定を超える1,200人ものお客様が並んでくださったときは緊急対応に追われましたが、スピード感が求められるようなイレギュラー対応の際の判断力や対応力を身につけることができました。また、中部国際空港で開催された「ポケモンセンターなつまつりinセントレア」の運営に携わったときは、国籍や世代を超えて多くのお客様が楽しまれているのを見て、改めてポケモンというコンテンツの影響力の大きさを感じ、他の会社では味わえない経験ができていると感じました。
さらに今は、ポケモンストア中部国際空港店にも兼務という形で半年間、月に数回勤務しています。そこでは空港にある店舗ならではの品揃えや、少人数での運営方法を学ぶことができました。このようにときには全く違う環境で働くことで、一つのお店では得ることのできないようなスキルや経験を得ることができていると思います。今の目標は、店長、副店長になること。そのためにはもっと足元の土台をつくらなくてはいけないと感じています。売上管理やマネジメントなど、店舗の責任者として求められる業務もこれからしっかりとマスターして、お客様にもアルバイトスタッフにも寄り添った店長を目指します。

DAILY SCHEDULE

  • 出社

    出勤。メールチェックと前日からの引き継ぎ内容を確認。
    今日1日の作業計画をつくり、アルバイトスタッフに伝える。

  • 開店

    開店。店頭に出て、お客様を迎える。
    商品の陳列などをチェック。

  • 昼食

    ランチ。最近は自分でつくってきたお弁当を食べることが多い。

  • 事務作業

    事務所で月間のシフトづくり、アルバイトスタッフの未修得スキルリストをつくり、指導計画を作成。
    お客様からの電話でのお問い合わせへの対応や、本社からの指示に対応。

  • 事務作業

    報告物のまとめ。

  • 退社

    退社(遅番の時は13:00出社、21:00退社)

CAREER

  • 学生時代、2年間のキョウト店でのアルバイトスタッフ時代を経て、新卒で入社、ナゴヤ店に配属。1年目はイベント運営を担当。中部国際空港内のポケモンストアも半年間、兼務。

  • イベント運営を後輩に引き継ぎ、アルバイトスタッフの採用・教育・評価などのマネジメントを主に担当。