トップページ > 活動ニュース > 2015年2月

活動ニュース

2015年2月一覧

活動報告「林城八反田仮設住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2015年2月21日(土)、林城八反田仮設住宅へ訪問した今回のポケモンワゴン。
本日のイベントでは天気が良かった為、こどもたちと外でも沢山遊ぶことが出来ました。

「これ描いて~」「描いたの見て!」とポケモンお絵かき大会!エコバッグ作成をしながら紙にお絵かきをしました。「ピカチュウ描いて~」や「ハリマロン描いたの見て!」等、お手本を見ながら描いたり、何も見ないでポケモンを描いたりするこどもたち。上手に描けた絵を大事にエコバッグに入れて持ち帰ってくれました。

天気が良く暖かかったので、「外で遊ぼう!」とこどもたちからリクエスト。キャッチボールをしたり鬼ごっこをしたりと、元気いっぱいのこどもたちと遊びました。「お兄さんに捕まらないように逃げなくちゃ!」とみんなで協力し、鬼役のお兄さんから一致団結し逃げている姿がとても微笑ましく感じました。

ポケモンワゴンの前で全体の記念写真を撮影した後に行った、ピカチュウとの記念撮影では、きちんと列になり、自分の番になるのをウキウキした様子で待っていました。撮ったチェキの写真をパタパタ振りながら、自分とピカチュウの2ショット写真が少しでも早く浮き出るようしていました。
終始「ピカチュウかわいいね」「ふわふわしてる!」という声が鳴りやまなかったです。

「次回はいつ来るの?」や、「イベントでまた来る?」と、今回の訪問がとても楽しかったという様子が見受けられておりました。

今回の活動では、楢葉町役場 生活支援課 様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2015年2月23日(月)

記事本文へ

活動報告「ふくしまスマイルキャラバン喜多方会場」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2015年2月21日(土)、福島県喜多方市で開催された「ふくしまスマイルキャラバン喜多方会場」にPOKEMON with YOUが参加しました。

震災からの復興に向けて様々なストレスや制限を受けて生活している福島のこどもたちに、心も体も元気になってもらうと共に、ふるさとである福島に誇りを持ってもらうため、県内7地域で、応援メッセージ等の展示とイベントを開催してきた「ふくしまスマイルキャラバン」
今回は一緒にイベント開催出来た事で、県内各地より沢山のご家族が会場に足を運んでくれました。

イベント開始30分前から、受付スタートを待つこどもたち。「何時からスタートするの?」とわくわくしている様子が印象的でした。今回のイベントでは、「ポケモンのオリジナルエコバック作り」に挑戦してもらいましたが、開催が少なかった喜多方エリアでは初めて参加するお子様が多く、「どんなバッグを作ろうかな?」と、エコバッグに描くイラストを真剣に考えている様子が多く見受けられていました。

製作に掛かる時間は一人当たり平均30分と時間をかけて丁寧に作ったエコバッグは、「幼稚園に持って行く!」「汚れたら、洗っても大丈夫なの?」と、みんなのお気に入りになったようです。

ピカチュウが登場すると、ピカチュウを見つけたこどもたちが会場中から集まり、通路が通れなくなるほど大賑わい。中には「ピカチュウ!!」と全速力でピカチュウに向かって来て、抱き付くお子様も。突然だった為、ピカチュウもお子様の元気にとても驚いた様子でした。

今回の活動では、福島県様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2015年2月23日(月)

記事本文へ

活動報告「旧唐桑小学校住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2015年2月15日(日)、宮城県気仙沼市の「旧唐桑小学校住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンが訪問しました。

当日は風が強く寒空の下でのイベントでしたが、元気いっぱい遊ぶことができました。

遊びに来てくれたお友達はスポーツマン!会場に遊びに来てくれた男の子は野球を習っているということで、「バッグ作ったら外でキャッチボールしようよ!」と、元気いっぱい。さらさらとエコバッグを書き上げていき、素敵なバッグが完成!出来栄えに満足したようで、みんなに見せて回っていました。

一通りワークショップを終えて、次はリクエストに答えてみんなで外遊び!キャッチボールをしたり、ドッジボールをしたり、リレー対決をしたり。普段なかなか年上の人と遊ぶ機会が無いということで、楽しんでいてくれていました。

照れながらもピカチュウとの記念撮影!
遊んでいる途中にはピカチュウも遊びに来てくれました。最初は恥ずかしいのか、あまりピカチュウに近寄ろうとしませんでしたが、慣れてきて、最後は照れくさそうにしながらも一緒に記念撮影。
思い出をたくさん作ってくれたようで私たちも嬉しくなりました。


今回の活動では、気仙沼市社会福祉協議会、ボランティアセンター様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2015年2月16日(月)

記事本文へ

活動報告「階上中学校住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2015年2月14日(土)、宮城県気仙沼市の「階上中学校住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンが訪問しました。

到着すると自治会長さんがお孫さんを連れてお出迎えをしてくれました。

ほとんどのお子様が親子で参加をしてくれ、他のポケモンイベントに参加したことが無いお子様が多く、エコバッグ作りやリズムステージなど、初めてのポケモンイベントを目一杯楽しんでいてくれました。

ある程度みんながエコバッグ作りなどを終えた後、「お兄さん!ベーゴマで遊びたい!」と、男の子からリクエストが。せっかくなので、こどもたちみんなとベーゴマ大会を開催。みんなで競い合いながら、大人数で遊ぶことが出来ました。

みんなが待ちに待ったピカチュウ登場の時間。ピカチュウが登場するとみんな大興奮!親御様からも拍手喝采を受けて、ピカチュウも嬉しそうにしていました。みんなと写真を撮ったり、追いかけっこをして楽しんでいました。

仮設内のコミュニケーションがしっかりと取れていて、年代を超えてみんな仲が良い雰囲気が見て感じられました。再訪の約束をこどもたちと約束をし、本日のイベントは終了となりました。

今回の活動では、気仙沼市社会福祉協議会、ボランティアセンター様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2015年2月16日(月)

記事本文へ

活動報告「鹿折中学校住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2015年2月11日(水祝)、宮城県気仙沼市の「気仙沼中学校住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンが訪問しました。

こちらの仮設住宅には2回目のワゴン訪問。広い集会所の中ではボール遊びをしたりカードゲームのルールを教えてカードバトルをしたり、幅広い年齢層のこどもたちが楽しめる内容で、こどもたちと一緒に思いっきり遊ぶことが出来ました。

学校のグラウンドなどに仮設住宅が建てられたことによって遊び場がなく、普段は仮設住宅の集会所に集まってゲームをして遊ぶことが多いとのことで、ゲーム機を握り締めて、集会所に遊びに来るお子様が多く、「ポケモンのゲーム持ってきたー!?」と、早速ポケモンバトルの要望が!

折角の広い集会所なので、ゲームを楽しんだ後はみんなでボール遊び。室内なので、ビニールボールを使ってバスケごっこ。本当あれば、しっかりとゴールを用意してみんなで遊びたかったのですが、それでもみんなで遊べることが楽しかった様子で、先ほどまでクールだった男の子も、「よっしゃー!」と、大声を出している姿が印象的でした。

・・・実はポケモンワゴンで300回目の訪問
東日本大震災以降、「こどもたちの遊び場の提供」を目的として活動を続けてきたPOKÉMON with YOUワゴン。振り返れば、活動当初は津波被害や放射線の影響で、先の見えないさまざまな思いを抱えているこどもたちや親御様に「どのように接すればよいのか」、「どのような接し方が良いのか」と、スタッフ同士で手探りで意見交換を行ってきました。

当時と比較するとみんな「笑顔」が増え、まちづくり等の表面的な復興だけではなく、心の復興も徐々に進んでいるように感じられる復興5年目。これからも、被災地のこどもたちのニーズにリアルタイムで応えるため、沢山のこどもたちと「出会い」「ふれあい」「会話を交わし」、POKÉMON with YOUワゴン訪問を続けてまいります!

今回の活動では、気仙沼市社会福祉協議会  ボランティアセンター様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2015年2月16日(月)

記事本文へ