トップページ > 活動ニュース > 2013年10月

活動ニュース

2013年10月一覧

活動報告釜石市の栗林町仮設団地をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2013年10月20日(日)、釜石市の栗林町仮設団地をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

雨天の中での開催となった栗林仮設住宅のポケモンワゴン訪問。
こどもたちが集まってくれるか心配でしたが、会場の談話室にポケモンワゴンが到着すると、「みんな!ポケモンが来たよー!」と賑やかに集まってくれました。

準備を進めるお兄さん・お姉さんの周りをゲームを持っていったりきたりするこどもたちと、イベントスタートを待ちきれず、ポケモンについて色々とおしゃべりをしてくれて、イベント開始前からとても仲良くなりました。

ポケモンに詳しいこどもたちが沢山集まってくれた栗林仮設住宅。
ポケモンエコバッグ作りでは、「ニンフィアのエコバッグを作りたい!」と、殆どのこどもたちがニンフィアイラストのエコバッグを作りました。
ポケモンの周りには、お花や虹やお日様等、色々な背景が描かれており、個性あふれる素敵な作品が沢山完成していました。

エコバッグを完成させた後、今度はポケモンペーパークラフト作りに挑戦!作るのが多少難しい工作にも関わらず、ピカチュウ、ポケモンワゴンと2種類のペーパークラフトをあっという間に完成させる様子にとても驚きました。

みんなが一番楽しみにしていたピカチュウが会場に登場すると、親御様もこどもたちも「ピカチュウが来たー!」と、とても大喜び。
雨空の下でのピカチュウグリーティングとなりましたが、雨雲を吹き飛ばすように輝くこどもたちの笑顔が、とても印象的でした。

10:00~12:30までの短いワゴン訪問となりましたが、「明日はどこに行くの?」、「また今度遊びに来る?」と、ポケモンワークショップや、ピカチュウと一緒に遊べたことにとても満足してくれた様子でした。

「また遊びに来てねー」とこどもたちと笑顔で手を振りあう中、ポケモンワゴンは午後の訪問先へと向かい出発しました。

今回の活動では、釜石市仮設住宅運営センター様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2013年10月25日(金)

記事本文へ

活動報告釜石市の鵜住居町仮設団地をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2013年10月20日(日)、釜石市の鵜住居町仮設団地をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

鵜住居町仮設住宅のこどもたちはとても楽しみにしてくれていた様子で、ポケモンワゴン到着時には、既に談話室でニコニコと笑顔で待っていてくれました。

ポケモンワークショップの準備が整い次第、早速イベントスタート!
駆け足で受付に並ぶこどもたちはみんな笑顔で、イベントへの期待感が伝わってきました。

受付でピカチュウサンバイザーを貰った後は、みんなでポケモンエコバック作り。エコバックに描くポケモンのイラストでは、男女問わずニンフィアが大人気で、ハートマークやカラフルなドット模様の背景を描き、とても可愛らしいバックが完成していました。

全体的に凝ったデザインを描くお子様や両面にイラストを描くお子様が多く、イベント開始前まではしゃいでいたこどもたちも真剣にエコバック作りに取り組んでくれました。

エコバックを作り終えたこどもたちから、順次ポケモンペーパークラフトやカードゲームに挑戦。ポケモンのお兄さん・お姉さんと学校での遊びや、お家での過ごし方を楽しく対話しながら、ポケモンイベントを楽しんでくれました。

一通りワークショップを終え、ピカチュウ登場と共に「ポケモンリズムステージ 1・2タンバリン!」に挑戦!リズムに合わせてポケモンタンバリンを叩く「リズムのステージ」では、大きなこどもたちが会場を盛り上げ、一体感のあるステージになりました。

こどもたち一人一人とゆっくりと時間を過ごすことができ、こどもたちはみんな大満足のようで、イベント終了時刻になった後も、覚えたてのポケモンカードゲームで夢中でバトルしている姿が印象的でした。

今回の活動では、釜石市仮設住宅運営センター様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2013年10月25日(金)

記事本文へ

活動報告釜石市の唐丹町小白浜仮設団地をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2013年10月19日(土)、釜石市の唐丹町小白浜仮設団地をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

仮設団地に居住のお子様は6名と参加人数に懸念があった開催でしたが、
近隣の小学校のこどもたちも遊びに来てくれたため、とても賑やかな開催になった、本日のポケモンワゴン訪問。

虎舞や神楽を乗せた十数隻の船が大漁旗をなびかせて釜石港内をパレードをする「釜石まつり」も同日に開催とあって、釜石市内はお祭りムードとなっている中でしたが、仮設団地に住んでいる全てのこどもたちが遊びに来てくれました。

ポケモンワゴンイベントが始まると、早速みんなでポケモンワークショップに挑戦!女の子の参加が多い本日のエコバッグ作りでは、ニンフィアイラストのかわいいエコバッグを作ってくれる様子が見受けられました。

エコバッグを作り終えると今度はペーパークラフト作りに挑戦!
ピカチュウ、POKEMON wit YOUワゴンと、あっという間に完成させるこどもたちに、「みんなすごいね!工作得意なの!?」と問いかけると、「だって作ったことあるもん!」と得意げに答えてくれた男の子は、昨年(2012年)に釜石で開催した、ポケモン映画上映会に遊びに来てくれていたお子様でした。

ワークショップを一通り作り終えるとポケモンのお兄さん・お姉さんの手を引き、「外で一緒に鬼ごっこをしよう!」とみんなで鬼ごっこ。仮設住宅に沢山お友達が集まって遊ぶ機会が無かった為、ここぞとばかりにヘトヘトに疲れるまで思いっきり外を走り回りました。

ポケモンワゴン終盤にはピカチュウが登場し、みんなで仲良く「ポケモンリズムステージ 1・2タンバリン」に挑戦!お父さんや、お母さんに見守られながら、小さなこどもたちも笑顔で一生懸命リズムステージに参加してくれました。

イベント終了の時間になっても 「もっと一緒に遊ぼうよ!」と、まだまだ遊び足りないようで、「今度はいつ遊びに来るの?」「また一緒に遊ぼうね!」「絶対だよ!」と、再訪をとても楽しみにしてくれている様子でした。

今回の活動では、釜石市仮設住宅運営センター様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2013年10月25日(金)

記事本文へ

活動報告「田野畑村アズビィホール」でポケモン映画の無料上映会を行いました。

2013年10月14日(月・祝)、岩手県田野畑村にある「田野畑村アズビィホール」でポケモン映画の無料上映会を行いました。

昨年に続き、今年もスタートしたポケモン映画の無料上映会。

上映4時間前に会場に到着したPOKÉMON with Y0Uワゴンに、映画上映スタートまでまだまだ時間があるにも関わらず、こどもたちが「もう始まるの!?」と笑顔でPOKÉMON with YOUワゴンに駆け寄り、とても楽しみにしていたことが伝わってきました。

早くからこどもたちが沢山集まってくれたため、ポケモンワークショップを少しだけ早くスタート。エコバッグ作りでは、「わー!どれにしよう!?」と新しく加わった「ハリマロン」「ケロマツ」「フォッコ」「ニンフィア」のイラストに大喜び。「昨年、ぼく作ったことあるよ!」と、大半のこどもたちは昨年の無料映画上映の際に作ったことがある様子で、得意気になってエコバックを作る姿がとても印象的でした。

エコバックのデザインでは、用意してあるポケモンの見本イラスト以外のポケモンを描くこどもたちも見受けられ、みんなポケモンが大好きなんだなと感じました。

いよいよ映画の上映が始まると先ほどまで会場内を走り回っていたお子様もスクリーンに吸い込まれるような真剣な眼差しで鑑賞しておりました。
映画を見終わったお子様に「楽しかった?」と尋ねると、「ミュウツーとゲノセクトが仲間になったことが嬉しかった!」と、満足気に話してくれました。

会場にはピカチュウもこどもたちに会いに登場。みんなピカチュウとの握手を求め、身動きが取れなくなるほどピカチュウは大人気でした。

今回の活動では、ポケモンの映画製作委員会「ピカチュウプロジェクト」主催で開催されました。

2013年10月25日(金)

記事本文へ

活動報告釜石市の甲子町仮設団地BをPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2013年10月13日(日)、釜石市の甲子町仮設団地BをPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

「今日は、ピカチュウが遊びにくるんでしょ?」と、元気いっぱいに談話室に遊びに来てくれたこどもたち。自治会より配られたチラシを手に、とても楽しみにしていたとのことでした。

本日のポケモンワークショップのエコバッグ作りでは、新しく「ハリマロン」「ケロマツ」「フォッコ」「ニンフィア」のイラストが仲間入り。
新しいイラストではフォッコのイラストが大人気で、「フォッコがいる!」と、大喜びで描いてくれるお子様が沢山いました。
また、ニンフィアのイラストを選ぶ様子が多く、イラストの周りには沢山のピンクのお花を描き、とても可愛らしいバッグが完成していました。

車の大好きな男の子は、ペーパークラフトのPOKÉMON with YOUワゴンの組み立てに夢中の様子。完成したペーパークラフトと、トミカPOKÉMON with YOUワゴンを両手に持ち、見比べながら一緒に走らせて遊んでいる様子が窺えておりました。

ピカチュウが会場に遊びに来ると、ピカチュウの周りでこどもたちがダンス。
こどもの動きに合わせてピカチュウがおしりを振ると、「かわいい!」と笑顔で喜び、ピカチュウと一緒に様々なダンスを楽しんでいる姿がとても印相的でした。

震災後と比較し、支援イベントの開催も少なくなってきた釜石市。
夏休み期間に釜石で開催した「POKÉMON with YOU キャラバン2013に遊びに来てくれたお子様もいて、沢山思い出を話してくれました。
特にお子様向けの支援イベントが少なく、今回のワゴン訪問では、沢山のこどもたちや親御様も楽しみに待っていたとのことでした。

今回の活動では、釜石市仮設住宅運営センター様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2013年10月25日(金)

記事本文へ