トップページ > 活動ニュース > 2012年5月

活動ニュース

2012年5月一覧

活動報告【2012年4月】チャリティーグッズの収益をPOKÉMON with YOU募金へ寄付しました。

2012年4月に全国のポケモンセンターで販売したチャリティーグッズ“つながる えがお”シリーズと3月から新登場したチャリティーグッズの収益を合わせて、POKÉMON with YOU募金へ寄付しました。
商品を手に取ってくださったお客様に、この場を借りて御礼申し上げます。


【ポケモンセンタートウホク“つながる えがお”】 全5種
 寄付額:5,663円

【3月発売のチャリティーグッズ】 全15種
 寄付額:1,884,596円

★総寄付額:1,890,259円

 
※上記の商品の収益は、“POKÉMON with YOU募金”を通じて、東日本大震災で被災したこどもたちの支援に役立てます。
※“つながるえがお”シリーズはポケモンセンタートウホクのオープン記念グッズとして2011年12月4日から発売しています。

※店舗によって、取り扱い商品や商品在庫数量が異なります。

2012年5月25日(金)

記事本文へ

活動報告【2012年4月】チャリティ缶バッジの売上をPOKÉMON with YOU募金へ寄付しました。

2012年4月に全国のポケモンセンターで販売したチャリティ品“POKÉMON with YOU缶バッジ”シリーズの売り上げを、POKÉMON with YOU募金へ寄付しました。商品を手に取ってくださったお客様に、この場を借りて御礼申し上げます。


【POKÉMON with YOU缶バッジ】
全22種 ※2012年4月時点 各250円

 販売数(合計): 3,286コ
 総寄付額 : 821,500円


※この商品の売上(全額)は、“POKÉMON with YOU募金”を通じて、東日本大震災で被災したこどもたちの支援に役立てます。
※店舗によって、取り扱い商品や商品在庫数量が異なります。

2012年5月25日(金)

記事本文へ

活動報告長洞応急仮設住宅をPOKÉMON with YOUワゴンで訪問しました。

5月20日(日)、大船渡市猪川地区にある長洞応急仮設住宅へPOKÉMON with YOUワゴンで訪問しました。

大船渡市への訪問は約1ヵ月ぶりでしたが、以前よりも道路の拡張整備は進行し、沿道には色とりどりの花々が満開に咲いていました。

長洞応急仮設住宅は、今回で2回目の訪問です。1年前に「つながろうプロジェクト」で訪れた際は緊張していたこどもたちも、今回は積極的にスタッフに声を掛けてくれて、終始笑顔で遊んでくれました。自分よりも小さなこどもたちにゲームの遊び方を教えてあげたり、ペーパークラフトを作ってプレゼントしてあげたりと、こどもたちがお互いに助け合い、支え合おうとする姿勢が非常に印象的で微笑ましかったです。

今回の活動では、大船渡市市議会様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2012年5月25日(金)

記事本文へ

活動報告桜井町応急仮設住宅をPOKÉMON with YOUワゴンで訪問しました。

5月13日(日)、南相馬市にある桜井町応急仮設住宅へPOKÉMON with YOUワゴンで訪問しました。

南相馬市は、津波による大きな被害を受けました。震災より1年経過した現在では瓦礫処理も進み、市街地は以前に戻りつつありますが、保育施設等の不足や家庭環境の変化により、こどもの遊び場や親子で過ごす時間は減少しているのが現状です。そのため、こどもたちや親同士が積極的に交流できる場が必要とされています。

イベントでは、近隣公園にいたこどもたちも参加してくれ、ポケモンのぬりえやエコバック作りをスタッフや親御様とともに楽しく遊んでくれました。
今後もPOKÉMON with YOUワゴンは、福島県のこどもたちにもっと笑顔になってもらえるような活動を継続していきます。

今回の活動では、南相馬市職員様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2012年5月25日(金)

記事本文へ

活動報告2012年1月から3月の期間に「ポケモンペンフレスクール」を実施しました。

2012年1月から3月までの期間に、被災地と非被災地の小学生を文通でつなげる「ポケモンペンフレスクール」を実施しました。

【ポケモンペンフレスクール実施概要】
期間:2012年1月10日~3月23日
対象:福島県いわき市立 豊間小学校、永崎小学校、久之浜第一小学校
   山口県宇部市立  厚南小学校
学年:小学4年生
内容:期間中に4通ずつ手紙を交換し、国語や総合的な学習の時間を用いて手紙の書き方や互いの町について学びながら、交流する。

この企画はこどもたちが文通でコミュニケーションをとりながら、互いの事を知ったり、思いやったりして、成長し合えるような関係を築く事を目的にスタートしました。

初めはぎこちない敬語で探り探りといった様子でしたが、少しずつ打ち解けていき、最後には互いの住所を交換して直接文通したり、プリクラを交換したりと楽しく交流して頂けたようです。また、「大学生になったら会おうね!」、「最近あった嬉しい出来事は○○くんと文通したことだよ!」など、微笑ましいやりとりも見られ、担当者一同顔がほころんでばかりでした。

今回ポケモンペンフレスクールを実施するにあたり、ショウワノート株式会社様のご協力により、専用の便箋や切手(シール)等をご用意することができました。この場を借りて御礼申し上げます。

2012年5月18日(金)

記事本文へ