プクリン

No.040

お互いの毛皮が気持ちよすぎて離れられなくなってしまったプクリンたち。柄としても進化して、大きくなっていることがポイント。

designed by:Misato Takahashi