ゲーム部門

『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』で、ポケモンバトルの日本一を決めるぞ!
ライブ大会である本部門の出場権は、4月に開催されたインターネット大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2021 予選」および、昨年8月に開催された招待制インターネット大会「ポケモン日本一決定戦2020 本戦」各大会の上位入賞者のみが参加できる、招待制インターネット大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2021 本戦」を勝ち抜いた上位入賞者に付与されるぞ。

【予選 インターネット大会】【本戦 招待制インターネット大会】【決勝 ライブ大会】

ゲーム部門 概要

開催日時

6月12日(土)

【開催カテゴリ】
ジュニアカテゴリ、シニアカテゴリ

【集合時間】
9時00分

  • ジュニア・シニアカテゴリとマスターカテゴリで開催日が異なります。
  • 集合時間は各カテゴリ共通となります。
  • 6月13日(日)

    【開催カテゴリ】
    マスターカテゴリ

    【集合時間】
    9時00分

    カテゴリ・年齢区分

    • ジュニアカテゴリ:2009年以降生まれ
    • シニアカテゴリ:2005年以降、2008年以前生まれ
    • マスターカテゴリ:2004年以前生まれ
    • 2020年からの変更はありません。2021年も同じ年齢区分でのカテゴリ分けになります。

    出場条件

    • 招待制インターネット大会「PJCS2021 本戦」各カテゴリ上位20名に出場権が付与されます。
    • 居住国が「日本」で、かつ、ニンテンドーアカウントの国/地域設定が「日本」となっている方に限られます。ニンテンドーアカウントの登録情報の変更について、くわしくはこちらをご参照ください。

    対象ソフト

    『ポケットモンスター ソード・シールド』

    大会形式

    <予選>

    • 1試合で1ゲーム先取によるスイスドロー方式。
    • 各カテゴリ共に、最大5試合を予定。最大5試合終了後、各カテゴリ上位8名が決勝トーナメントに進出。
    • 勝ちは3点、負け・引き分けは0点。同率の場合は独自の計算により順位を決定。

    <決勝トーナメント>

    • 1試合(1試合=最大3ゲーム)で2ゲーム先取によるシングルエリミネーション方式。

    対戦ルール

    バトル形式
    ダブルバトル
    使用できるポケモン

    ガラル図鑑No.001~397、ヨロイ島図鑑No.001〜210、カンムリ雪原図鑑No.001〜209と以下のポケモンが参加できます。
    ライコウ、エンテイ、スイクン、キモリ、ジュプトル、ジュカイン、アチャモ、ワカシャモ、バシャーモ、ミズゴロウ、ヌマクロー、ラグラージ、ラティアス、ラティオス、ユクシー、エムリット、アグノム、ヒードラン、レジギガス、クレセリア、トルネロス、ボルトロス、ランドロス、モクロー、フクスロー、ジュナイパー、ニャビー、ニャヒート、ガオガエン、アシマリ、オシャマリ、アシレーヌ、カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・ブルル、カプ・レヒレ、ウツロイド、マッシブーン、フェローチェ、デンジュモク、テッカグヤ、カミツルギ、アクジキング、ベベノム、アーゴヨン、ツンデツンデ、ズガドーン

    • 参加対象のポケモンの中で、キョダイマックスのすがたを持つポケモンすべてがキョダイマックスすることができます。
    • 『ポケットモンスター ソード・シールド』で捕まえたポケモン、タマゴから生まれたポケモン、公式にプレゼントされたポケモン、およびバトルレギュレーションマークの付いたポケモンのみ参加できます。
    バトルチームに登録する
    ポケモン

    レベル1~100までのポケモン4~6匹

    • すべてのポケモンは、対戦時に自動的にレベル50になります。
    バトルに選出する
    ポケモン

    4匹

    時間制

    総合時間制:最大20分

    1試合の持ち時間

    最大7分

    対戦に出すポケモンの
    選択時間

    90秒

    1ターンあたりの選択時間

    45秒

    注意事項

    <遅刻について>

    • 第1試合終了時までに受け付けされなかった場合、大会を棄権したものとして、本大会にご参加いただくことはできません。
    • 各試合の開始時点で着席していなかった場合、その試合は負けとなります。
    • 遅刻により負けとなった試合の終了までに継続参加の申請が無かった場合、大会を棄権したものとして以降の試合にご参加いただくことはできません。

    <その他>

    • 大会主催者が正当な理由と認めた場合を除き、大会の途中棄権は認められません。
      また、正当な理由なく大会を途中棄権した場合、それまでに獲得した成績や各種権利が無効となる場合があります。
    • 大会開催中に、次の<禁止行為>の項目に記載された、一部で販売されているゲームソフトのレポート等を改造する装置を使い、レポートの一部を改ざんしたゲームソフト、ならびに改造コードにより改ざんされたデータおよび改ざんされたデータを含むポケモン、改造コードを使用して作られたポケモンの使用が発覚した場合、失格となり、大会で得た権利が剥奪されるほか、今後すべての大会に出場できなくなる場合があります。本人の作為、不作為にかかわらず、上記ペナルティが課される場合がありますので、ご注意ください。
    • 対戦中にご自身のNintendo Switchシリーズ本体の充電切れによって対戦不可能となった場合、充電切れになった選手はその対戦は負けとなります。また、以降の対戦が続行不可能となった場合は失格となる場合があります。
    • 主催者の用意した機材のトラブル、停電などによる通信の遮断で対戦が中断した場合は、いかなる場合も再対戦となります。
    • 各カテゴリの本戦進出者のうち、トップ8に勝ち進んだ選手については、バトルチームに登録されたポケモンの名前のほか、わざ・どうぐ・せいかく・とくせいなどの情報を、本大会の会場内にて公開を予定しています。

    禁止行為

    以下の禁止行為を行った人は、ペナルティを課せられる場合があります。
    また、大会開催中 、あるいは大会終了後、以下の禁止行為が発覚した場合、大会で得た権利が剥奪されるほか、今後すべての大会に出場できない場合があります。

    • デジタル選手証受取後に、バトルチームのロックを解除する行為。
    • 一部で販売されているゲームソフトのレポート等を改造する装置を使い、レポートの一部を改ざんしたゲームソフト、ならびに改造コードにより改ざんされたデータおよび改ざんされたデータを含むポケモン、改造コードを使用して作られたポケモンを使用する行為。
    • 任天堂の正式ライセンス以外の商品などで改造を施したNintendo Switchシリーズ本体を使用する行為。
    • 対戦中に攻略本や事前に用意されたメモの確認、携帯端末の操作など、対戦に影響する行為を行ったと主催者が判断する行為。
    • 対戦前に、対戦相手の意思なく、相手の出場ポケモンを知り得る行為。(準々決勝以降を除く)
    • 著しい遅延行為と主催者側が判断する行為。
    • 他の参加者に迷惑をかけたり、不快なイメージを与える行為。
    • 不正な内容での参加登録、または他人になりすましての参加登録。
    • その他、主催者が不適切と判断する行為。