株式会社ポケモン 採用サイト Pokémon Business Professionals

社員紹介003

古谷 翔Sho Furutani

アプリゲーム事業二部
工学部 情報学科卒
2010年新卒入社
この会社を選んだ理由は?
私はビデオゲームに興味があったので、ゲーム業界を中心に就職活動をしていました。そんな中で入社の決め手となったのは、ポケモンにしかできない試みに心を奪われたからです。ゲームと映画の連動、店頭でのポケモン配信など、ゲームの内と外のコンテンツを絡めた遊びという取り組みに感激したことがきっかけでした。
会社(所属部署)の
雰囲気は、どんな感じ?
不思議な場所だと思っています。理系や文系、インドア系やアウトドア系、ポケモンに詳しい人や詳しくない人など、色々なジャンルに対して対極の立場の人が集まっている印象です。私は、株式会社ポケモンが色々なことへ挑戦できているのは、会社の人がひとつの方向に偏らず、いろいろなジャンルに精通している人の集まりだからなのだと感じています。
現在の仕事内容を教えて!
アプリの開発サポートを行っています。例えば、パートナー企業とのアプリ開発、国内・海外での税金処理や法律の確認、広報のための素材集め、アプリ公開後に情報を掲載するためのウェブページ作成などです。開発されたアプリが世の中に出せるよう準備する仕事なので、仕事内容は多岐にわたっています。
仕事のやりがい・達成感を
感じるのは、どんなとき?
お客様からポジティブな反応を確認できたときにやりがいを感じます。ゲームやアプリは、開発からお客様の手元に届くまでの期間が、少なくとも半年、長いと一年以上あります。無事に世の中へ公開された後、特にこだわりを持って開発した部分がお客様に喜んでもらえると、自分のモチベーションが高くなります。
3年後の目標は?
自分の仕事だけでなく、視野を広げて後輩の指導もしながら、良いチームを構築できればと思っています。私は働き始めて5年です。これまでの仕事で痛感したことに、チーム間で連携することの重要さがあります。自分ひとりでは「1」の力も、仲間と協力することで力は「3」にも「4」にも「10」にもなると思っています。
「株式会社ポケモン」への
就職を希望する方にひとこと!
ポケモンに詳しい方へは「その知識は間違いなく武器になります」と、ポケモンに詳しくない方へは「斬新なアイデアも武器になります」と伝えたいです。しかし、どちらの方にも大事にしていただきたいのが「ポケモンたちの未来を作るんだ」という気持ちです。ポケモンたちの可能性を無限に引き出せるよう、私たちにあなたの力を貸してください!

※部署名・役職は取材当時のものです。

PAGE TOP