トップページ > 活動ニュース > 2014年2月

活動ニュース

2014年2月一覧

活動報告POKÉMON with YOUトレインが福島県、茨城県、千葉県を運行しました。

POKÉMON with YOUトレインが、福島県、茨城県、千葉県で期間限定で運転されました。

また列車の運転を記念して銚子駅といわき駅で出発式が行われ、地元のこどもたちとその家族が招待されました。カビゴンやホエルコの大きなクッションやディグダのいるトンネルに子どもたちは大喜びで、笑顔が広がっていました。

【運行期間及び区間】
1 月 25 日(土)・26 日(日) 水郡線水戸駅~常陸大子駅間
2 月 1 日(土)・2 日(日) 常磐線いわき駅~広野駅間
2月8日(土)11日(火・祝)総武本線銚子駅~成東駅


3月からは大船渡線で毎週末運転されていますので、ポケモンと一緒に東北の鉄道旅行を楽しみませんか!

2014年2月21日(金)

記事本文へ

活動報告七ヶ浜町の七ヶ浜中学校第2グラウンド仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2014年2月15日(土)、七ヶ浜町の七ヶ浜中学校第2グラウンド仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

先週に続き、大雪となった本日のワゴン訪問。
こどもたちが少ない仮設住宅でしたが、「イベントをとても楽しみにしていたよ!」と、こどもたちが遊びに来てくれました!

ポケモンワークショップでみんな仲良くエコバッグ作り!
早速みんなで作り始めたポケモンオリジナルエコバッグ。
エコバッグを作るこどもたちはみんな真剣で、「僕、絵を描くことが大好きなんだ!」と、メインイラストとして描いたケロマツの周りに色々な種類のモンスターボールを描いてくれる様子など、みんなお絵描きすることが大好きで、楽しんでいる様子が窺えておりました。

ピカチュウが会場に登場し、みんなで「クイズのステージ」と、「リズムのステージ」に挑戦!
ポケモンが大好きなこどもたちにとって、「クイズのステージ」の問題は簡単だった様子。ポケモンのお姉さんが2択の問題を読み上げている途中に正解を答え、終盤は誰が一番早く答えられるかを競い合い、大変盛り上がりました。

また「リズムのステージ」では、曲終盤のタンバリンを「シャンシャン」といっぱい振り続けるシーンで一番の盛り上がりを見せ、声を上げながらタンバリンを一生懸命振る様子が見受けられておりました。

本会期よりこどもたちにプレゼントした「ポケモンフェイスクッション」
イベントが終わる頃には、「ハリマロン」、「フォッコ」、「ケロマツ」のフェイスクッションを顔に当て、ポケモンになりきってバトルごっこ。
「フォッコのひのこ!」など、ポケモンになりきって技を繰り出しながら、最後までとても元気いっぱいなこどもたちでした。

今回の活動では、アクアゆめクラブ 応急仮設住宅総合サポートセンター様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2014年2月20日(木)

記事本文へ

活動報告七ヶ浜町の第一スポーツ広場仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2014年2月15日(土)、七ヶ浜町の第一スポーツ広場仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

本日は、2ヶ所目となるポケモンワゴン訪問。
午前中に訪問したの「七ヶ浜中学校第2グラウンド仮設住宅」と同じ地域にある、七ヶ浜町の「第一スポーツ広場仮設住宅」へ訪問しました。

会場に到着すると、こどもたちが集会所の窓から顔を出し、「ワゴンが来た!」と、ポケモンワゴンの到着を楽しみに待っていた様子。
「早く遊びたいから、荷物運ぶの手伝うよ!」と、イベントの準備を手伝ってくれました。

受付スタート時間になると、こどもたちと一緒に親御様やご年配の方々も会場に来場し、こどもたちのお手伝い。
エコバッグ作りでは小さなお子様がイラストを描く際、難しい個所を手伝ったり、ペーパークラフトのピカチュウを作る際には、「こうすればいいんだよ!」と、年齢を問わずみんな仲良し。

「やった!完成したよ!」と完成したエコバッグを自慢するお子様の姿を見て、こどもたちのお手伝いをしていた親御様方もとても嬉しそうにし、会場にいるみんなが笑顔になったことが印象的でした。

イベント終盤にはピカチュウが登場し、こどもたちは大喜び!
今までおとなしかったお子様もピカチュウが登場すると、「ピカチュウ!」と、黄色い声を上げるほど、みんなピカチュウに合える事を楽しみにしていた様子。
ピカチュウとの思い出として一人一人写真を撮る時は、「えー!どんなポーズをしようかな?」と、楽しそうに考えている様子が見受けられておりました。

イベント終了時間になり、片付けをしている時、こどもたちが「やったー!まだお兄さんたちがいた―!」と、もっともっと遊びたかった様子。
最後はみんなで雪合戦をして盛り上がり、「また絶対遊びに来てね!」と、こどもたちに見送られながら、ポケモンワゴンは会場を後にしました。

今回の活動では、アクアゆめクラブ 応急仮設住宅総合サポートセンター様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2014年2月20日(木)

記事本文へ

活動報告多賀城市の多賀城公園野球場仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2014年2月9日(日)、多賀城市の多賀城公園野球場仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

多賀城公園野球場仮設住宅へ初めてのポケモンワゴン訪問。
国内では47年振りの大雪と報道された本会期、仙台市も35cmの積雪を記録し、雪の影響で遅れて会場に到着しました。

会場に到着すると「大雪の為、ポケモンワゴンは来ないだろう」と、一度集会所に足を運んだが、帰ってしまったお子様もいらっしゃったとのことで、「こどもたちを呼んでくるよ!」と、仮設住宅に住んでいる皆様のご協力もあって、無事に開催が出来ました。

イベントスタートの頃には、こどもたちが集会所に集まり始め、イベント実施を親御様からは、「この雪の中、よく来れましたね!」と、驚いている方もいらっしゃいました。

早速みんなで、ポケモンオリジナルエコバッグ作りに挑戦!
エコバッグ作りの説明をしていると、「私作ったことあるから、知ってるよ!と、自慢げに話掛けてくれた女の子たち。
2年前にポケモンワゴンで訪問した「多賀城市立天真小学校」で出会ったこどもたちと、思わぬ再会を果たす事が出来ました。

エコバッグを作り終えると、ペーパークラフト作りや、ポケモンカードゲームに挑戦したりと、とても積極的なこどもたち。
ポケモンワークショップはとても新鮮だった様子で、みんな夢中になって楽しんでいました。

みんなで一つになった、「ポケモンリズムステージ 1・2タンバリン!」
「ピカチュウはまだ来ないの?」と、こどもたちが楽しみにしていたピカチュウが会場に遊びに来ると、集会所にいたみんなから大歓声!
「ポケモンリズムステージ 1・2タンバリン!」では、みんな画面にくぎ付けで、「パン」、「シャン」と、リズムを声に出しながら、一生懸命にタンバリンを叩いてくれました。

今回の活動では、多賀城市社会福祉協議会 復興支えあいセンター様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2014年2月20日(木)

記事本文へ

活動報告岩手県大船渡市「リアスホール」でポケモンの映画上映会を行いました。

2014年2月8日(土)、岩手県大船渡市にある「リアスホール」でポケモンの映画上映会を行いました。

昨年に続き、大船渡市で2回目となるポケモン映画上映会。
ポケモンワゴンが会場に到着すると、「受付は何時から始まるの?」と、受付スタートの2時間前にも関わらずこどもたちが待っていました。

イベント準備が整い、少し早く受付スタート!
受付スタート時間近くには、150名程の親子が列を成し、上映会を心待ちにしてくれました。

また、「こんにちは!」と笑顔で駆け寄ってきた男の子は、以前陸前高田市の「仲の沢仮設団地」で会ったよ~!と久しぶりの再会も!?

エコバッグに描くポケモンの種類を沢山準備した今回のエコバッグ作り。
女の子からはニンフィア、男の子からはハリマロンが人気でしたが、「ミジュマルが大好きなの!」と、ミジュマルを描くこどもたちも多くいらっしゃって、依然として、ミジュマル大人気でした。

映画上映時間になると、「お母さん、もう始まるよ!」と、上映を心待ちにしていたこどもたちの声。上映中には、初めて映画を観るお子様もいらっしゃり、大迫力のスクリーンに感動し、驚きの声を上げておりました。

こどもたちが楽しみにしていたピカチュウが会場に遊びに来ると、「ピカチュウだー!」と、駆け寄る沢山のこどもたち。
すると、親御様方が一斉にピカチュウと触れ合うお子様の写真を撮り始め、フラッシュを浴びるその様子は、まるで記者会見さながらでした。

映画上映が終わると、「楽しかった!」と満面の笑みで会場を出てくるこどもたち。

帰りの際には、わざわざ受付に立ち寄り「今日は有難うございました!来年も必ず来てね!」とのお言葉も頂き、みんなとても楽しんで頂けた様子が何よりでした。

今回の活動では、ポケモンの映画製作委員会「ピカチュウプロジェクト」様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2014年2月20日(木)

記事本文へ