トップページ > 活動ニュース > 2013年12月

活動ニュース

2013年12月一覧

活動報告福島県でポケモンウィンターカーニバル2013を開催しました。

12月7日(土)に福島県郡山市のビッグパレットふくしまで「ポケモンウィンターカーニバル2013」を開催しました。

ポケモンのステージやグッズの販売コーナー、10台以上用意されたミニアトラクションコーナー、気軽に楽しめるワークショップなど、ポケモンと一緒に一日中楽しめるコーナーが福島県のこどもたちをお出迎え。

さらに、ハリマロン・フォッコ・ケロマツたちが遊びに来たことでこどもたちには大喜び!
当日は朝早くから多くの方々に会場にお越しいただきました。

会場内では自分の好きなポケモンと写真撮影をしたり、クリスマスツリーにお願いごとを掛けてみたり、オリジナルのエコバッグを作ったりと終始楽しそうにしていました。

今回のイベントでは、
福島テレビ株式会社様
株式会社JTBコーポレートセールス様
福島県南相馬市、相馬市、新地町の教育委員会/子育て支援課

以上の皆様にご協力いただきましたことを、この場をかりてお礼申し上げます。

※ポケモンセンタートウホクの収益は東日本大震災で被災した東北の子どもたちの支援に使われています。今回のイベントもその収益を使用して実施いたしました。

※今回の物販やミニアトラクションの収益も、東北の子どもたちの支援に使われていきます。

2013年12月31日(火)

記事本文へ

活動報告岩手県で「ポケモンウィンターカーニバル2013」を開催しました。

12月1日(土)に岩手県滝沢村で「ポケモンウィンターカーニバル2013」を開催しました。

このイベントは、岩手に住むお友だちが笑顔で一日中遊べるよう、ポケモンステージやクリスマスツリー、ポケモンで遊べるミニゲームやポケモングッズの特別販売など多くの遊びを展開しました。

また東北では初めてお目見えするポケモンたちが、遊びに来たり、とここでしか楽しめない遊びをいっぱい体験していただきました。

朝早くから会場にお越しいただきました。

会場内ではが自分の好きなポケモンと写真撮影をしたり、クリスマスツリーの点灯式をみんなで盛り上げたり、ポケモンのミニゲームで遊んだりなど、盛りだくさんの内容にみんな目を輝かせていました。

今回のイベントでは、
株式会社 岩手めんこいテレビ様
岩手産業文化センターアピオ様
株式会社JTBコーポレートセールス様
岩手県山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市の教育委員会/子育て支援課

以上の皆様にご協力いただきましたことを、この場をかりてお礼申し上げます。


POKÉMON with YOUでは今後も支援を継続していきます。
引き続き皆様のご協力どうぞよろしくお願いいたします。


※ポケモンセンタートウホクの収益は東日本大震災で被災した東北の子どもたちの支援に使われています。今回のイベントもその収益を使用しています。

※今回の物販や縁日の収益も、東北の子どもたちの支援に使われていきます。

2013年12月20日(金)

記事本文へ

活動報告「城山公園体育館」で映画上映会を行いました。

2013年11月30日(土)、岩手県大槌町にある「城山公園体育館」でポケモン映画の上映会を行いました。

大槌町の城山公園体育館でのポケモン映画上映会には、昨年の約3倍ものこどもたちが見に来てくれました。
今年は小学校や幼稚園でポケモン映画上映会のことを知ったお子様が多いようで、去年よりも年齢層の低いこどもたちが多く窺えており、「生まれて初めて映画を見たよ!」と、あちこちから感動の声が聞こえてきました。

ポケモン映画上映会の受付スタート!
受付開始の1時間も前から、上映を楽しみにしている様子が見受けられていた今回のポケモン映画上映会。
受付が始まるまで隣の図書館やロビーで待ったり、ポケモンがたくさん描かれた歴代ポケモン646匹ラインナップバナーで、友達や兄弟とポケモン探しゲームをして楽しみながら待っていてくれました。

受付が始まるころには列ができ、「まだ?まだ?」と楽しみな様子のこどもたち。
上映スタート前にこどもたちにプレゼントした幻のポケモン「ゲノセクト」を受け取ったこどもたちは、さっそくどんなゲノセクトかを確認、「わあ!!レベル100だって!すっげー!」と、大はしゃぎで喜んでくれました。
映画を待つ間には、ポケモンの記事が載っている雑誌を広げ、「ほら!見て!ポケモンのこと書いてるんだよ!」と見せ始めると、周りからは沢山の友達が集まってきて、みんなでポケモンについての最新情報をチェック!みんなポケモンが大好きなこどもたちでした。

いよいよ待ちに待った上映会がスタート!
始まる前にポケモンのお姉さんから上映の挨拶があると、いよいよ始まる!というこどもたちの興奮が伝わってきました。
「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」が終わったタイミングで急いで会場を出てきたこどもたち。
「トイレにすぐ行ってこないとまた始まっちゃう!」と、とても映画を楽しんでいることが感じられました。
2作品同時公開の映画のため、かわいい内容にウキウキしたり、挑戦して乗り越えるストーリーにドキドキしたりと、沢山の想いを持ちながら楽しんでいるようでした。

今回の活動では、ポケモンの映画製作委員会「ピカチュウプロジェクト」様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2013年12月17日(火)

記事本文へ