トップページ > 活動ニュース

活動ニュース

活動報告「石巻レインボーハウス竣工式」にPOKÉMON with YOU が参加しました。

2014年3月29日(土)から3月30日(日)、宮城県石巻市で開催されたあしなが育英会の「石巻レインボーハウス竣工式」にPOKÉMON with YOU が参加しました。

あしなが育英会様が東北に開く3つのレインボーハウスのうち、3月1日に仙台レインボーハウスが完成。そしてこの度、石巻レインボーハウスの完成式にPOKÉMON with YOUが参加しました。

仙台レインボーハウスと同様に、地域の景観にも合い、そして光がたくさん入る明るい施設。全ての工事が終わるまではまだかかるとのことですが、どのお部屋もこどもたちが安心して過ごせる素敵なデザインでした。

仙台レインボーハウスの竣工式に続いて、ピカチュウは石巻レインボーハウスの竣工式にも参加し、こどもたちや関係者の方々と触れ合い喜び合いました。
みんなが楽しみにしていたピカチュウが会場に登場!でも、みんなはピカチュウのしっぽに注目。
なぜかと言うと・・・ピカチュウの登場の前にポケモンのお姉さんからの挨拶の中で、「ピカチュウのオスとメスは何で分かるでしょうか?」という、クイズが出題されたからです!

また、竣工式前日に行ったイベントではカードゲームとバトルチェスで白熱対戦!
ポケモンカードゲームとバトルチェスでは、初めて対戦するお子様もいましたが、一緒にルールを覚えて何度も何度も対戦。だんだん白熱してくると、手札を引いて何が出たか、コインを投げて裏表どちらが出たかで飛び跳ねて喜んだり悔しがったり。
小学校低学年でも計算はすらすらできるし、負けても相手の勝ちをほめてあげたりと、周りの大人たちが感心するほどの対戦でした。次第には中学生ぐらいのお姉さんたちもルールを覚えて、こどもたちと一緒に対戦できるようになりました。

東日本大震災で受けたこどもたちの心の傷ははかり知れませんが、みんなが待ち望んでいた石巻レインボーハウスの竣工式では、終始絶えないこどもたちの笑顔を見ることができました。

今回の活動では、あしなが育英会様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2014年4月11日(金)

記事本文へ

活動報告「こおりやまダンス&ミュージックフェスティバル」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2014年3月29日(土)、郡山市で開催された「こおりやまダンス&ミュージックフェスティバル」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。


会場内にあるポケモンブースにもたくさんのこどもたちが遊びに来てくれてイベントは大盛り上がり!

今回のイベントでは、一日を通して元気なこどもたちとたくさん出会うことができ、ピカチュウが登場するステージでは500名の方にご参加いただきました。


特にエコバッグ作りが大人気で、エコバッグに描くポケモンのイラストでは、ピカチュウとニンフィアが人気を集めておりました。

また、ポケモンのぬりえを応募する「トリプルイラストコンテスト」では、親子で一緒に参加している姿が多く見受けられ、背景などにもこだわりを持ち、一人一人の想いが詰まった作品が出来上がっておりました。

ピカチュウが会場に姿を見せると、こどもたちは大はしゃぎ!
みんな作業の手を止めて、ピカチュウに駆け寄ってきてくれました。
ピカチュウが登場した「ポケモンリズムステージ 1・2タンバリン!」では、満席の客席を前に、ピカチュウもこどもたちと一緒に元気良く、クイズやリズムのステージを楽しむことが出来ました。

当日は除染を終えた公園内遊具のお披露目もあり、体を動かしたり、頭を使ったりと、元気いっぱいに遊ぶこどもたちの姿をみられました。

今回の活動では、社団法人 郡山青年会議所様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2014年4月11日(金)

記事本文へ

活動報告「第2回 元気!!ご当地グルメマーケット」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2014年3月23日(日)、気仙沼市の「第2回 元気!!ご当地グルメマーケット」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

気仙沼市の復興商店街「南町紫市場」で開催された、「第2回 元気!!ご当地グルメマーケット」に参加した今回のワゴン訪問。気仙沼市及び、周辺地域の地元食材を活かしたご当地グルメを集め、「食」を通じた被災地復興支援を目的に気仙沼復興支援グループが主催をなって開催された本イベントでは、市内外から約1200人もの方々が訪れました。

会場内のポケモンワゴンコーナーでは、トリプルイラストコンテストを開催!
イベント会場に遊びに来てくれたこどもたちの大半が参加し、お父さん、お母さんからぬりえのアドバイスを聞きながら参加しました。

集まったイラストの中には、「ポケモンが散歩している」など、テーマを持ったイラストや、「気仙沼の復興をイメージした街並み」が背景として描かれたイラストがあり、他県より訪れた方からは気仙沼の皆様への応援メッセージが書かれている心温まるイラストもありました。

会場には、こどもたちに会いにピカチュウも駆けつけました。
ポケモンワゴンの前でピカチュウと一緒に記念撮影をしたり、会場内を手をつないで一緒に散歩したりと、みんなピカチュウに大喜び。
イベントの終盤のステージでは、アーティストと一緒にピカチュウもステージに登場。リズムに乗るピカチュウを見て、みんなから笑顔が生まれておりました。

今回で2回目の訪問となる南町紫市場。
津波被害を受けた建物が現在も残り、1年半前に訪問した時の街並みから、大きな復興は見受けられませんでしたが、商店街や、会場を訪れた方々は、以前よりも笑顔が増えてきたように見受けられます。

今回の活動では、気仙沼ホルモン同好会様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2014年4月11日(金)

記事本文へ

活動報告会津美里町の美里応急仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2014年3月30日(日)、会津美里町の美里応急仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

楢葉町の姉妹都市である、福島県会津美里町に建てられた「宮里応急仮設住宅」へ訪問したポケモンワゴン。
今回は仮設住宅内で、子育て支援や、児童館として利用されている「ふれあい館」で、ワゴンイベントを開催しました。

ピカチュウに会えることをとても楽しみに待っていたこどもたち。
会場に遊びに来たこどもたちはみんな「ピカチュウはどこにいるの?」と、ピカチュウとの触れ合いが楽しみな様子。「今日はピカチュウの写真を撮る為DSを持ってきたんだ!」と、楽しみにしていた様子が伝わってきました。

プラモデル作りでは、初めてプラモデル作りに挑戦し、説明書の見方を覚えて、初めて自分自身の力で完成させることが出来たことに感動しているお子様もいました。

会場に遊びに来たピカチュウと一緒に楽しんだ「ポケモンリズムステージ 1・2タンバリン!」では、みんな一生懸命ポケモンタンバリンを叩いてくれました。
でも、中にはピカチュウに夢中で、ずっとピカチュウに抱き着いているお子様も。
喜んでいるこどもたちの姿を見て、またポケモンワゴンでみんなに会いに来たいなと思いました。

楢葉町を離れ、会津美里町に転居されたこどもたち。
始めは遊ぶともだちもいなく、一人遊びをしていたこどもたちが多かった中、こどもたちのコミュニティーの場として「ふれあい館」が建てられました。
また利用促進を目的として、室内にクライミングウォールを作ったり、体を動かせるように工夫されたり、と周りの大人の方々が子どもの健やかな成長のために工夫されていると伺いました。

今回の活動では、楢葉町会津美里出張所様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2014年4月11日(金)

記事本文へ

活動報告いわき市の常磐迎第二応急仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2014年3月22日(土)、いわき市の常磐迎第二応急仮設住宅をPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

今年の2月に開催した映画上映会のイベントにも遊びに来てくれたこどもたちが多く、ポケモンワークショップに2回目の挑戦とのこともあって、みんな慣れた手つきで作品を完成させていました。
また、「前にワゴンのイベントに参加したけど覚えてる」と、話しかけてくれるお子様もいました。

みんなで一緒にエコバッグ作りでは、受付でエコバッグに描くポケモンを選ぶ際、「僕ケロマツ大好き!」とポケモンに詳しい様子、、、毎週欠かさずアニメポケットモンスターXYを見てくれているとのことでした。
エコバック作りでは、ポケモンの周りに好きな食べ物を描いたり、こどもたちの夢が溢れるエコバックが完成しました。

いよいよこどもたちが楽しみにしていたピカチュウが登場!
「今日は、ピカチュウに会えるのを楽しみにしてきたんだ!」と、ピカチュウのことが大好きなこどもたちはピカチュウ登場に気が付くと、ワークショップの作業の手を止めピカチュウの周りに笑顔で集まってくれました。

ステージイベントが終わり、ピカチュウが一旦帰った後は、ポケモンカードゲームのルールをお勉強。教わったばかりのルールを弟に教えながら、兄弟でダブルバトルをする姿が印象的でした。

優しくて、仲良しな常磐迎応急仮設住宅のこどもたち。
帰り際にピカチュウがやって来ると「また遊ぼうね!」と言いながらピカチュウの頭を撫でたり、ピカチュウに抱きついたりと、とても名残惜しそうにお別れをしていました。

今回の活動では、福島県広野町役場 福祉環境課様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2014年4月11日(金)

記事本文へ

1234567891011