トップページ > 活動ニュース

活動ニュース

お知らせ三陸鉄道南リアス線全線運行再開1周年を記念して、POKÉMON with YOUトレインが三鉄を走る!

「POKÉMON with YOUトレイン」が、4月4日と5日に、三陸鉄道南リアス線を特別運行します。

今回は南リアス線運行再開一周年を記念して行われるもので、この列車がJR路線以外を走るのは初めてとなります。三陸鉄道でもポケモンの列車が子どもたちに笑顔を届けられれば幸いです。

また5日には、盛駅でお祝いイベントの開催も予定しています。

詳しくは三陸鉄道のHPをご覧ください。

2015年3月17日(火)

記事本文へ

お知らせ全国のポケモンセンターで、チャリティーグッズ第4弾「希望のメロディ」を発売

ポケモンセンターから、東日本大震災で被災した子どもたちの支援を目的としたチャリティー商品の第4弾「希望のメロディ」を発売しています。

「希望のメロディ」は、笑顔の輪が広がってほしいとの想いが詰まったデザインで、メロディに乗って歌ったり、ダンスしたり、可愛らしい表現でみんなに想いを伝えてくれています。

また、東日本大震災で被災した宮城県女川町にあるNPO法人「みなとまちセラミカ工房」との企画商品第2弾、「女川スペインタイル 希望のメロディ ピカチュウ」も数量限定で販売。今年は、リズムに乗ってウインクしているピカチュウのかわいらしいデザインで、とっても好評です。

商品の収益は、全額POKÉMON with YOUの支援活動で大切に使わせていただきます。

2015年3月10日(火)

記事本文へ

活動報告「高久第四応急仮設住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2015年2月22日(日)、いわき市にある「高久第四応急仮設住宅」に訪問したポケモンワゴン。
近くの仮設住宅からも遊びに来てくれて、たくさんのこどもたちと会うことが出来ました!

男の子はみんなかっこいいポケモンを選び、机に座った途端一点集中!色の塗り方をこだわったり、背景に自分なりの絵を描いたりと夢中になっていました。アイロンをかけ完成すると満足気な顔をして見せてくれました。

こどもたちが室内でワークショップをして遊んでるうちに、そっと外に出て窓から覗いているピカチュウ。「窓からピカチュウが見てるよ」と教えると、ビックリと喜びで、こどもたちは大声をあげていました。外に出ると一斉にピカチュウに抱きついて、集合写真の後2ショット写真を撮り、そのままピカチュウが帰るまでピカチュウから離れませんでした。

「クレヨンはどこに片付ければいいの?」やエコバックに使ったお手本を進んで片づけてくれたりと、
きちんとお片付けができるこどもたちに感激。三兄弟のお姉ちゃんが小さい子に教えている姿も見受けられました。みんな仲が良く、たくさんの笑顔をもらった会期となりました。

今回の活動では、広野町役場 環境防災課様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2015年3月10日(火)

記事本文へ

活動報告「常磐迎第二応急仮設住宅」へPOKÉMON with YOU ワゴンで訪問しました。

2015年3月1日(日)、福島県いわき市にある「常磐迎第二応急仮設住宅」にPOKÉMON with YOUワゴンが訪問しました。

ポケモンワゴンを発見したこどもたちは、やっていた遊びを中断し、駆け寄ってきてくれました。「午後からでしょ?ご飯食べたらみんなで来るからねー!」と、元気いっぱいで、少しだけみんなで遊んだ後、こどもたちは一旦お昼ご飯を食べにお家へ帰って行きました。

お昼ご飯を食べ終えて、元気いっぱいなこどもたちが再集合。さっそくみんなでエコバッグを作ったり、ペーパークラフトを作ったり、ボール遊びをしたり、ドミノで遊んだり、みんなでピアノを弾いて歌を歌ったり。普段あまり遊ぶことが出来ないこどもたちは、目一杯楽しんでいる様子でした。

みんなが遊んでいる隙に、ピカチュウがこっそりと会場に遊びに来てくれました。ピカチュウを見つけたこどもたちは、みんな大興奮!「ピカチュウ遊ぼう!」とリクエストを受けて、ピカチュウとのじゃんけん大会スタート。じゃんけんの他にも記念撮影や、リズムステージで楽しむことが出来ました。

震災から4年が経とうとしている現在、こどもたちにとって、まだまだ心の支援が必要であると感じる会期となりました。

今回の活動では、広野町役場様にご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

2015年3月 2日(月)

記事本文へ

活動報告「総合福祉センター はまなす館」でポケモン映画上映会を行いました。

2015年2月28日(土)、福島県相馬市にある「総合福祉センター(はまなす館)」にPOKÉMON with YOU ワゴンが訪問し、今年もポケモン映画上映会を開催。
受付開始前にはたくさんのこどもたちが集まって来てくれて、賑やかな会場となりました。

「久しぶりー!」 こどもたちとの再会。会場で受付の準備などをしていると、こどもたちがたくさん集まって来てくれました。「久しぶりー!」と、手を振りながら走ってくる男の子。昨年訪問した仮設住宅で一緒に遊んだお子様でした。

そのお子様意外にも、他のポケモンイベントで遊びに来てくれたこどもたちがたくさん!久しぶりの再開に、みんな自然と笑顔が溢れておりました。

ワークショップやゲーム、ピカチュウとの触れ合いも満喫!受付も終わり上映までの待ち時間の間、こどもたちは色々なことに挑戦。ワークショップコーナーでエコバッグやペーパークラフトを作ったり、知らないお友達やポケモンのお兄さんと、ゲームで対戦したりと大盛り上がり。

普段あまり対戦などを行わないお子様も、たくさんの知らないお友達と対戦が出来て、楽しそうに笑いながら、勝ち負けに一喜一憂している姿が印象的でした。

上映が始まるまでは、元気にお喋りしたり遊びまわっていたこどもたちも、映画が始まると、画面を見つめるこどもたちの表情は真剣そのもの。「ピカチュウ頑張れー!」と、声を出しながら応援している姿も見受けられておりました。

映画が終わってからも、たくさんのこどもたちや親御様から、「また来年も来てねー!」という御言葉も頂き、心温まる会期となりました。

今回の活動では、ポケモンの映画製作委員会「ピカチュウプロジェクト」様、相馬市教育委員会様、子育て支援課様、私立幼稚園の皆様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

2015年3月 2日(月)

記事本文へ

1234567891011