何で遊べる?

ポケモンのはじまり

ポケモンが誕生したのは、1996年2月27日。1本のゲームボーイソフトからでした。いや、1本というのは正確ではありません。『ポケットモンスター 赤』と『ポケットモンスター 緑』。同時に2種類のソフトが発売されたからです。
どうして同じソフトなのにふたつも出るの?そんな声が聞こえてくるようですが、ここにこそ、ポケモンの面白さの秘密が隠されています。

ポケモンのゲーム

ポケモンがそれまでのゲームと違ったのは、異なるバージョンのソフト同士でポケモンの交換が行えるという点にあります。
ゲームの中でプレイヤーはポケモン図鑑の完成にチャレンジします。ポケモンには捕まえるのが大変なものや、各バージョンのそれぞれにしか登場しない貴重な種類がいます。
自分の力だけでは手に入れられないポケモンは友だちや家族の“ポケモン仲間”と協力し、お互いに交換をする仕掛けになっています。1人よりも2人で、2人よりも3人で力をあわせて遊ぶとより楽しい。ポケモンを交換する“小さな輪”はやがて“大きな輪”へと広がっていきました。

ポケモンカードゲーム

「ポケモンカードゲーム」は、ポケモンゲームの特徴のひとつである「ポケモン同士の対戦」に焦点を当てた遊びです。自分なりにカードを選択して編集し、戦略的な対戦を楽しむことが可能です。また、次々と増えていくカードをコレクションするのも、楽しみのひとつです。
このように、ポケモンカードゲームの面白さはいろいろありますが、人と人が一緒に遊ぶことが最大の魅力といえるでしょう。対戦をしながら会話を楽しんだり、欲しいカードがあれば交換をしたり、全国で開催される大会に参加したり、カードゲームを通じて人と人が出会い、さまざまなドラマを生み出しています。

TVアニメと映画

テレビアニメ「ポケットモンスター」は、ゲームの世界を大切にしながらもアニメならではの表現を追求しています。おなじみのポケモンたちがイキイキと動き、冒険もあれば、笑いもあり、そしてちょっぴり泣ける物語を描いています。
テレビ版は1997年4月からスタートし、今なお放映されているロングシリーズになりました。
劇場版は家族や生命、そして環境を大切にするテーマをおりこみながら子どもと大人がいっしょに楽しめる作品をめざして、毎年夏休みに公開されています。

ポケモンのこれから

現在、ポケモンの世界はゲームとカードとアニメが互いに刺激を与えながら発展をとげています。
たとえばゲームで創造されたポケモンがその個性を生かしたカードとなり、アニメでは勇ましく、かわいらしく表現され魅力を大きく広げています。こんなふうにポケモンの世界はさらに深まり、ますます面白く進化を続けているのです。

※ゲーム画面は、『ポケットモンスター X・Y』のものです。

閉じる
閉じる