通信機能を使って友だちと楽しく遊ぶためのマナー

(ちいさなおこさまは、おうちのひとといっしょによんでください)

ニンテンドーWi-Fiコネクションを使って通信をする時は、以下の点にご注意ください。

  1. 通信中にDSで会話が楽しめる「ボイスチャット」機能は、「ともだちコード」を交換したお友達とのみ楽しめる機能です。むやみに家族や友だち以外の知らない人に「ともだちコード」を教えたり、インターネットの掲示板など、誰もが見ることができるところに「ともだちコード」を公開したりするのはやめましょう。
  2. 他の人とコミュニケーション(対戦や交換、ボイスチャットなど)をする場合、次のことに十分注意してください。
    • 相手が不快な気持ちになるような言葉を使わないようにしましょう。
    • 自分や他人の個人情報(住所・電話番号・電子メールアドレスなど)を教えないようにしましょう。
    • 通信を正常に終了させずに、本体の電源をむやみにOFFにしない。
    • 相手の迷惑になりそうな夜遅い時間からの通信はしないようにしましょう。
      また相手が望まない長時間の通信もしないようにしましょう。
  3. ニンテンドーWi-Fiコネクションを行う場合は、DSカードとDS本体をセットで扱います。
    そのため、普段自分が使っているDSとは別のDS本体(例えば、友だちのDSなど)にソフトを差し替えてWi-Fi通信を行うと、それまでに登録した「ともだちコード」が消去されてしまいます。ご注意ください。
    • ※DS本体を買い換えた場合など、使用する本体を変更する場合は、Wi-Fiユーザー情報を変更先のDS本体に移動させることができます。

その他、ニンテンドーWi-Fiコネクションへの接続の仕方や、使用上の注意など、より詳しい情報は、商品に同梱されている「ニンテンドーWi-Fiコネクション ガイドブック」、もしくは「ニンテンドーWi-Fiコネクション」サイトをご確認ください。

ニンテンドーWi-Fiコネクション

  • ともだちコード

レポート(セーブデータ)の改造はゲームを正常に進められなくなる恐れがあります。

改造コードを使用してソフトのレポート(セーブデータ)を改造する装置が、一部で販売されておりますが、こうした装置を使ってレポートの改造を行うと、ゲームを正常に進められなくなったり、レポートが壊れたり消えたりする恐れがあります。このような場合には、改造する前の状態に復元することはできません。またレポートを改造した状態で友達と通信すると不正なデータが送られてしまい、友達のレポートまで壊してしまう可能性もありますので、ご遠慮ください。

関連情報

閉じる
閉じる