企業理念

社是

ポケモンという存在を通して、現実世界と仮想世界の両方を豊かにすること。
		The Pokémon Company's mission statement is to enrich both the real world and the virtual world with the Pokémon characters.

ポケモンのプロデュースとは?

ポケモンが企画され、つくりだされ、商品として世に出てから、ずっと育て続けてきた代表取締役社長・石原恒和。これまで、どんな思いでポケモンのプロデュースに携わってきたのか。そして、これからのポケモンに、どんな夢を描いているのか。自身のエピソードも含めて「ポケモンをプロデュースする、とは何か」について語ります。

ポケモンのプロデュースとは?

「株式会社ポケモン」という社名は、この会社が何をする会社か、他のどんな会社よりも明確に表現していると思います。この社名を聞いて、ドラえもんの仕事をしている会社だと思う人はいませんよね(笑)。その名のとおり、株式会社ポケモンは、ポケモンの仕事をする会社です。逆に言うと、ポケモン以外の仕事はやらない会社。敢えて、会社の役割と機能をはっきりさせるために、そう名付けました。しかし、一方で、「ポケモンの仕事とはどういうもので、何が重要なことなのか」は示されていません。

よく、取材等で「株式会社ポケモンは、ポケモンの何をする会社なのですか?」と聞かれるのですが、私は「株式会社ポケモンは、ポケモンのプロデュースをする会社です」と答えています。すると、ちょっと首をかしげて、「ポケモンのプロデュースとは何でしょうか?」という質問をされます。そんなとき、私が「タレント事務所みたいなものを想像してみてください。所属しているタレントたちに、どんな仕事を与えて、どんな才能を伸ばし、どんな風に育てていくか、がタレント事務所のプロデュースですよね。同じように、株式会社ポケモンには、ピカチュウやツタージャといったタレントがいて、彼らをどんなメディアに登場させ、どんな商品にし、どう育てていくかを考え、プロデュースするのが我々の仕事なんです」と説明すると、ある程度は理解してもらえるようです。でも、これはプロデュースという仕事の一部をわかりやすく表現しただけで、すべてではありません。

もう少し正確に言うと、「ポケモンをプロデュースする」とは「ポケモンが最も『魅力的な商品』になるように導くことであり、その商品が売られるにあたっては、ビジネスとして最高の結果をもたらすようにあらゆる調整をすること」です。

では、『魅力的な商品』とは何でしょうか? ずっと持っていたいと思うようなもの、遊びはじめたらやめられないもの、あるいは安くて便利なものなど、人それぞれで考えかたや感じかたが違うので、一概には言えませんが、私は「それを手に取った人が、他人にも薦めたくなるような商品」と考えています。

魅力的な商品であることは、ビジネスの最大化へとつながる第一歩です。魅力的な商品だからこそ、多くの人々の支持を集め、ビジネスとしてより高いステージへ到達することができるのです。魅力的な商品を作り、ビジネス全体を最大化するために、商品の製造から広報・宣伝までのすべてについて深く関わること。それがプロデュースであり、人間としての総合力が求められる仕事と言ってもよいかもしれません。

この、プロデュースの結果として、「ポケモン」というブランドが価値の高いものとして評価され、多くの人々に支持されていく。これが、ポケモンのブランドマネジメントであり、この“プロデュース”こそが、株式会社ポケモンのやるべき仕事だと考えています。

ポケモンのいま

「ポケットモンスター 赤・緑」

ポケモンは誕生から20年を迎えましたが、よく「人気の秘密は何か」「継続して愛される理由は何か」と尋ねられます。私は「収集・育成・交換・対戦」といったポケモンの普遍的な魅力が我々の強みであり、長く愛される所以であると捉えています。ゲームに限らず、どのようなポケモンコンテンツでもこの点は共通していますし、時代や場所を限定せずにプレイヤーの共感を得られる要素です。デバイスや通信環境の変化に合わせて進化をしている部分も大事にしながら、子供の頃に誰もが経験した昆虫採集のような興奮と思い出を、「ポケモン」を通して多くの人々に体感していただけることが、我々にとってこの上ない喜びとなります。

ポケモンのこれから

私自身の経験ですが、最初の『ポケットモンスター 赤・緑』をプレイしたとき、クチバシティでゲーム中にいる人物キャラクターがポケモン交換を申し込んできて、カモネギというポケモンをもらったことが、今でも強く印象に残っています。そして、それと同じように、オニスズメを渡して現実世界の友人とポケモン交換をすると、ゲームの中の人物と現実の人物が同じ役割を持っていることがわかり、ゲーム世界と現実世界を行ったり来たりする不思議な体験が生まれました。やがて、Wi-Fi通信で世界中のユーザーとポケモン交換ができるようになり、空間を超え、国境や人種を超えて、ポケモンが媒介となった交流が生まれています。また、日本国内に10ヵ所あるポケモンセンター(ポケモングッズのオフィシャルショップ)には、今、商品を求め、ポケモンの配信やバトルを求め、あるいは友人を求めて、多くのポケモンファンが集うようになりました。

さらに今年は、『ポケットモンスター サン・ムーン』では初となる中国語(繁体字・簡体字)対応、アプリゲーム『Pokémon GO』では現実の世界を舞台とするなど、より多くの人々に、より多くの機会でポケモンに触れていただけるような新しいコンテンツを意欲的に発信していきます。

社是にも掲げている「ポケモンという存在を通して、現実世界と仮想世界の両方を豊かにすること」は、決して理想ではなく、すでに目の前に起こりつつある現実なのです。すべての人にそれを実感していただけるよう、よりよい仕組みを我々は構築し、発信し続けていきます。

石原 恒和
1957年三重県鳥羽市に生まれる。1983年筑波大学大学院芸術研究科修了。ゲームプロデューサーとして数々のゲームソフト開発に携わり、1995年に株式会社クリーチャーズを設立。96年には後に連なる全ポケモン関連商品の原点となった『ポケットモンスター 赤・緑』をプロデュースし、その後、ポケモンソフト全作品にプロデューサーとして携わる。1998年、ポケモンセンター株式会社(現・株式会社ポケモン)設立と同時に代表取締役社長に就任。現在は、株式会社ポケモンにおいて、ゲーム、カードゲーム、テレビアニメ、劇場映画、などポケモン全体のブランドマネジメントを手がける。

ページの先頭へもどる