事業紹介

ゲームをはじめとして、あらゆる方面に展開しています。

ポケモンの原点となる「ゲーム」をはじめとして、「カードゲーム」「アニメ・映画・バラエティ」「グッズ」「タイアッププロモーション」「イベント」「直営店舗」など、様々な方面へ展開しています。
さらに、ポケモンを世界の人々に送り届け、ファンの裾野を広げる海外事業や、進化する情報技術で、これまでにないポケモンの楽しみ方を提案する取り組みにも挑戦。
東日本大震災で被災した子どもたちに笑顔を届ける支援活動や、子どもたちの自発的な学びを促すICT(情報技術)学習教材の開発も行っています。

ゲーム

“ゲーム”は、ポケモンに関するすべてのコンテンツの原点です。

ポケモンの世界の土台となるのは、1996年に誕生したゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズ。個性あふれるポケモンたちを捕まえて育てるといった「コレクション性」や、友達同士で交換や対戦をするといった「コミュニケーション性」など、人々を惹きつける遊びの要素が詰まった、ロール・プレイング・ゲームです。
『ポケットモンスター』シリーズのほかにも、その世界観を踏襲しつつ新しい遊びを提案する、たくさんの派生ソフトが発売されています。当社では、開発会社の制作するゲームを、よりポケモンらしい魅力にあふれるものとするよう、プロデュースしています。

  • ポケットモンスターオフィシャルサイト「ポケットモンスター」シリーズの詳細はこちら
  •  ポケットモンスターオフィシャルサイト「そのほかのポケモンソフト」の詳細はこちら

ページの先頭へもどる

カード

”カードゲーム”は、ゲームの「対戦」を、カードで再現した遊びです。

「ポケモンカードゲーム」は、1996年10月に誕生した、日本発祥としてはいちばん歴史のあるトレーディングカードゲームです。
能力や効果が千差万別のカードを、自分で1枚1枚吟味しながら選び、<デッキ>と呼ばれる60枚のセット、もしくは<ハーフデッキ>と呼ばれる30枚のセットを構築して、相手と戦略的な対戦を楽しむことができます。
プレイヤー同士が、アナログでゲームの進行・ジャッジを自ら行ったり、対戦の始まりと終わりに握手を交わして挨拶をしたりして、対面のコミュニケーションが生まれることも、ビデオゲームと異なる魅力のひとつです。

対戦を楽しむ「場づくり」を、積極的に行っています。
対面で遊ぶ「ポケモンカードゲーム」には、“対戦相手”が必要不可欠です。当社では、初心者から熟練のプレイヤーまで1日中楽しめる公式イベント開催はもちろん、全国各地の玩具店やカードショップで実施される公認イベントを企画するなど、対戦の場を提供しています。
  • ポケモンカードゲーム トレーナーズウェブサイト

ページの先頭へもどる

アニメ・映画・バラエティ

シナジーをもたらす映像作品を制作しています。

1997年4月にスタートし、子どもたちの間で今なお高視聴率を保つテレビアニメをはじめとして、1998年7月に初公開され夏休みの定番となっている劇場映画や、2002年より放送されているポケモンの情報バラエティ番組など、ポケモンでは多くの映像作品を生み出しています。
ポケモンや登場人物の個性を丁寧に表現した、質の高い作品を生み出すためのクオリティ管理はもちろん、ゲームやグッズ、タイアッププロモーションなどの展開との連動を可能とすべく、これらの作品制作に、企画段階から携わっています。

スクリーンから、主役のポケモンがやってくる!
2007年からは、ポケモン映画の上映館にて、映画の主役級ポケモンをゲームソフトにワイヤレスでプレゼントし、好評を博しています。子どもたちはスクリーンで活躍するポケモンと、家に帰った後もゲームの中で一緒に冒険することができるのです。
  • ポケットモンスター XY

ページの先頭へもどる

グッズ

価値ある商品を生み出すために、ひとつひとつ目を通しています。

ゲームやアニメを通じて親しまれているポケモンをモチーフに、日々多くの商品が生まれています。当社では毎週、こうした商品企画ならびに無形のイベントやサービスについて、コンセプトやデザインを審査・監修し、許諾する会議を行い、これまでに提出された数十万件に及ぶすべての企画を、丁寧に確認しています。
ライセンス商品化事業では、ビジネスパートナーとなるライセンシーに、品質管理の徹底をお願いするとともに、より独自性のある面白い商品づくりをしていただくためのお手伝いをしています。
また、ポケモンのオフィシャルショップ「ポケモンセンター」では、季節ごとに、バリエーション豊かなオリジナル商品も販売しています。当社では、ポケモン1匹1匹の新しい魅力を引き出し、ファンの皆様に喜んでいただけるような商品を生み出すために、柔軟な発想力を持った「オリジナル商品開発」専属チームが、常にアイデアを練っています。

  • ポケットモンスターオフィシャルサイト「おすすめグッズ」

ページの先頭へもどる

タイアッププロモーション

パートナーと協力して、商品・サービスをより魅力的に。

タイアッププロモーションも、ライセンシーとの重要な取り組みです。ライセンシーのプロモーションにポケモンとして協力することで、商品やサービスをより魅力的にするとともに、様々な場所でお客様がポケモンと触れ合う機会を設けております。

ページの先頭へもどる

イベント

「もっとポケモンと触れ合いたい」 そんな思いを実現します。

私たちは多種多様なイベントを実施し、多くのポケモンファンが集い、これまでにない体験をしていただけるような「場」を提供しています。たとえば、ゲームやカードゲームの大会や、初心者向けのティーチングなどをはじめとして、エントリー層からスペシャリストまで、すべてのユーザーにお楽しみいただけるような催しを、数多く実施しています。ピカチュウをはじめとした人気のポケモンたちと触れ合えるイベントでは、子どもから大人まで、思わず笑顔に!

ピカチュウがいっぱい!?
2014年から、たくさんの「ピカチュウ」と触れ合うことができる「ピカチュウ大量発生チュウ!」を、神奈川県の横浜みなとみらい21地区一帯で開催しています。突然現れたたくさんのピカチュウに、道行く人々からは驚きと喜びの声が!イベントの様子はWEBニュースやSNSで世界中に伝わり、大きな反響を呼びました。同じ種類のポケモンが一度にたくさん登場できるのも、ポケモンならではです。

ページの先頭へもどる

直営店舗

2種類の店舗形態で、関連グッズの専門店を運営しています。

「ポケモンセンター」は、現在、札幌・仙台・押上・池袋・南船橋・横浜・名古屋・京都・大阪・広島・博多にあります。ゲームの世界に登場する施設「ポケモンセンター」を、現実の世界で再現したものです。商品を手にすることにより、お客様にはポケモンの世界観をより身近に感じていただくことができます。それぞれの店舗は、ポケモンの情報発信基地として、様々な趣向を凝らしたイベントも催しながら、最新の情報をお届けしています。
これらの店舗のほかに、人気商品を中心に品揃えを再編集した小型店舗「ポケモンストア」を、空港や観光地などに、続々と出店しています。

2016年2月には、ポケモンセンターオリジナル商品をインターネットで購入することのできるショッピングサイト「ポケモンセンターオンライン」がオープンいたしました。

  • ポケットモンスターオフィシャルサイト 「ポケモンのお店」
  • ポケモンセンター スタッフボイス

ページの先頭へもどる

海外事業

世界中で、もっとも楽しまれる存在を目指しています。

ポケモンにとって、海外も重要なマーケットです。関連会社The Pokémon Company Internationalはシアトルとロンドンに、Pokémon Korea, Inc.はソウルに拠点を置き、それぞれの地域で、Pokémonのブランドマネジメントを行っています。
アジア地域では、株式会社ポケモンコミュニケーションズが各地域のエージェントと手を取り合い、地域に根差した顧客アプローチを行っています。
国によって、言語はもちろん、文化や環境も千差万別です。ポケモンでは、それぞれの地域で楽しんでいただけるよう、ゲームやアニメ、商品を丹念にローカライズしています。

ページの先頭へもどる

新たな取り組み

ポケモンが世界中で愛され続けるよう、事業の枠を越え、常に挑戦することが、私たちのミッションです。

株式会社ポケモンの取り組みは、これまでにご紹介したものだけにとどまりません。私たちは常に、新しいもの、驚きを生むものを皆様にお届けできるよう、日々、切磋琢磨しております。スマートフォンやタブレットで楽しめる遊びを提供することも、そのひとつです。ポケモンがこれからも永続的に愛されるよう、事業の枠を越えて、新たな商品の企画開発や新規のプロモーション活動に挑戦し続けてまいります。

  • ポケットモンスターオフィシャルサイト
  • ポケモンだいすきクラブ

ページの先頭へもどる

子どもたちの未来のために

未来を生きる子どもたちの“チカラ”となるよう、努めてまいります。

東日本大震災で被災した子どもたちが、不安から解放され、笑顔を取り戻すことができるようにとの思いから、ポケモンに関わる様々な企業にご賛同いただきながら、被災地支援活動「POKÉMON with YOU」を2011年より継続しています。
東北全体の子どもたちに笑顔を届ける活動の拠点として、2011年12月、オフィシャルショップ「ポケモンセンタートウホク」を宮城県仙台市に設立。お店の営業活動で生まれた利益はすべて、支援活動やイベント実施費用などに充て、東北の子どもたちに還元しています。

また、2014年から、パソコンやタブレットの入門教材ソフト「ポケタッチ」を、学校を対象に販売しております。「ポケタッチ」は、マニュアルも必要なく、子どもたちが自発的に楽しみながら基本操作を習得できる教材です。アルファベットやタイピングのトレーニングだけでなく、ポケモンの種類や属性の多様さを利用した情報分類・比較能力を鍛えるトレーニングなども行うことができます。

ページの先頭へもどる